Top >  フコイダンとは >  フコイダンの効果

スポンサードリンク

フコイダンの効果

フコイダンは近年の研究で様々な効果が解明され、生理活性が認めれられてきました。
がんに対しても最新的研究が進められています。

フコイダンは、海藻が潮が引いたときに、空気にさらされたときなど、海藻が干からびてしまわないようにするための保湿を保つための働きとして、フコイダンが大きな役目を果たしています。
フコイダンは海藻が生きていくために欠かせない重要な役割を果たしています。海藻にとって必要不可欠な成分です。

海藻が潮の流れの中で生きるために、潮の動きに柔軟に対応する必要があり、微生物に食べられないバリアーの働き、また傷からばい菌などのウィルスの侵入を防ぐなどの免疫力などを担っているのがフコイダンです。

フコイダンは血液中の血栓を取り除き、血をさらさらにしてくれるのです。

フコイダンはがん細胞のを破壊し死滅させる2経路をもち、がん細胞を徹底的に叩くことが解明されています。

古く、中国では、褐藻類ががんの治療薬として用いられてきた歴史もあり、近年の研究で、フコイダンががん組織を自ら死滅させる(アポトーシス誘導作用)が、フコイダンの効果として知られるようになってから、フコイダンの注目は一段と強まりました。がん 海藻 がん 

 <  前の記事 フコイダンの血栓を取り除く効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血栓抑制効果とメタボリック症候群予防  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴