Top >  フコイダンとは >  フコイダンは医薬品ではない

スポンサードリンク

フコイダンは医薬品ではない

フコイダンは、褐藻類と呼ばれる海藻の中に含まれる成分です。日本で摂取される昆布の約90%は北海道から摂取されています。
茶褐色の褐藻類にだけ含まれ、、メカブ、モズクなどが代表的です。
となる機能が働くなって暴走し増殖し続けるがん組織を、アポトーシスを誘導させることで自滅させ消去させることができるのです。
フコイダンには、全身の免疫をパワーアップさせる効果があります。フコイダンが、免疫の強すぎる反応の結果起こる症状であるアレルギーの症状を抑制する、アレルギー抑制作用も持つことが知られています。
フコイダンは、自滅しないがん組織の表面に穴を空け、パーフェリンという毒素をがん細胞に与えます。
フコイダンとは多くの糖が集まった多糖体の一種で、多糖体とは多くの糖が分子レベルで分子したもので、近年では新たな健康物質として注目されています。

フコイダンを海藻で摂取した場合に、どの程度ヒトの身体にフコイダンが貢献するのかと言うことは、現在の研究では明らかにされていません。フコイダンを摂取することでどの程度がん組織を破壊するかと言うことも臨床段階であり、現在の医学では>としてフコイダンは認められていません。
がん  海藻

 <  前の記事 フコイダンは免疫活性を高める  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンは腸に働く  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴