Top >  フコイダンとは >  フコイダンの働き

スポンサードリンク

フコイダンの働き

フコイダンにはがん細胞を自滅させる効果を持つアポトーシス誘導があることが明らかになったのは、1996年JFKメディカルセンター(アメリカ)の発表です。
茶褐色の褐藻類にだけ含まれ、、メカブ、モズクなどが代表的です。
昆布の消費する県別のデーターでは、沖縄県が昆布消費量の一位に、ついで大阪が昆布の消費が高いそうです。
フコイダンの多糖体が健康に役立つとして注目されています。フコイダンには多糖体といっても他の由来の多糖体とは違う、大きな特徴を持っています。
フコイダンはアレルギー症状で傷ついた皮膚や粘膜を早く修復させる力も持っています。
フコイダンは、アポトーシスが効かないがん細胞に、二次的攻撃を仕掛けることがわかっています。
人体の中にも、実は硫酸基は存在し、粘液を作り出しています。ですから、フコイダンをヒトが摂取すると、胃に馴染むことが解っています。
分裂と死滅を繰り返す通常細胞に比べ、がん細胞は自滅する機能が壊れているために、死滅することなく、永遠に増殖を繰り返し、体内を破壊に導きます。 このがん細胞の異常な増殖をストップさせ、 細胞が本来持っている自滅作用を誘導すると言われているのが フコイダンの成分が持つなのです。 がん   アポトーシス

 <  前の記事 フコイダンとがん細胞  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンはメタボリック症候群予防に効果があるか?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴