Top >  フコイダンとは >  フコイダンの働き

スポンサードリンク

フコイダンの働き

フコイダンを多く含むと近年注目されている、コンブは不良長寿の薬として取り入れられたのです。

日本の長寿の一位である沖縄県では、海藻はごく普通に一般的な食卓に並ぶ食材としておなじみの食材です。

フコイダンががん組織の表面に接触すると、がん組織の自滅スイッチが押され、がん組織の核に信号が届き、が破壊され、自滅します。
フコイダン効果が血液中の血栓を取り除き、血をさらさらにしてくれるのです。海藻が潮の流れの中で生きるために、潮の動きに柔軟に対応する必要があり、微生物に食べられないバリアーの働き、また傷からばい菌などのウィルスの侵入を防ぐなどの免疫力などを担っているのがフコイダンです。
研究でフコイダンのメカニズムが、総てが解明されていないのですが、様々なが認められています。
フコイダンは胃の不調に大変有効です。
フコイダンを生理食塩水に溶いて、がん細胞の培養液に加える研究では、がん細胞のキレイな形が、フコイダンを加えたことによってバラバラに崩れ、ガタガタになり小さく壊れた状態になってしまうことが明らかになり、これがフコイダンのアポトーシスの典型的な状態であるといわれています。
がん 

 <  前の記事 フコイダンと突然死 2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの健康維持  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴