Top >  フコイダンとは >  フコイダンと硫酸基の結合はどのくらい?

スポンサードリンク

フコイダンと硫酸基の結合はどのくらい?

フコイダンにとって重要かつ大事な条件とは、純度 と 製法 であるということは、
これまでに書いてきました。

フコイダンのは、フコイダンと硫酸基という物質が結合している量が
フコイダンを効果的に働かせるためにも重要なポイントであると書いてきました。

では、硫酸基がどのくらいの数字で結合していたら良いのでしょうか。

フコイダンと硫酸基の結合について、今までの研究で、13%いじょうが必要であることが
解っています。

フコイダンは、「硫酸化多糖体」の一種で、いくつもの糖が結合しあって
くっついたものに、さらに硫酸基という成分が結合したものを言うのです。

フコイダンにとって、硫酸基という成分が、大変重要な役割を果たすということが
研究の結果、広く知られるようになったのです。

硫酸基という成分は、とてもデリケートな結合をしてフコイダンの中に存在しているので
の海藻を乾燥するだけでも、フコイダンと硫酸基の結合が外れてしまうといわれるくらい、微妙な結合状態で保っているのです。

そのために、フコイダンを抽出する時に、いかに硫酸基を外さずに
高い技術を持って抽出しているのかが重要なポイントになります。
フコイダン 

 <  前の記事 フコイダンの純度を見分けるためには?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを高純度で抽出するために  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴