Top >  フコイダンとは >  フコイダンに期待、「ガゴメコンブ」

スポンサードリンク

フコイダンに期待、「ガゴメコンブ」

フコイダンはいまや世界が注目する新素材ですが、函館地方で摂れるがごめコンブに、フコイダンのおかげでさらに注目が集まっています。


ガゴメコンブは、以前は見向きもされなかった
市場に出ない昆布としての価値しかなかったのですが
近年の健康ブームと、ガゴメコンブの美味しさに、
人気が出始め、フコイダンが多く含まれることがわかってからは
大きな話題を集めているようです。

函館地方では、地元の企業がガゴメコンブに多く含まれる
粘り成分のフコイダンを使ってモイスチャークリームを開発し、
販売しているそうです。

フコイダンには、がん細胞の抑制作用などがあることも、
近年の研究でわかってきているため、薬品応用への期待も高く、

北大大学院水産科学研究科の安井肇助教授のお話では
「フコイダンなど粘性の研究はまだ進んでおらず、新たな発見は今後も多いだろう」と
可能性が多く、期待できると言われています。

田中教授は、大学や公立研究機関、企業も含めて、連携したネットワークから
フコイダンの更なる可能性を見つける、次世代化粧品素材研究会を発足させているそうです。

「化粧品市場は、中国を中心にしたアジアで急速に広がっており、将来性も十分」と
田中教授のお話。

化粧品でフコイダンの認知などの裾野を広げて、
さらに、大きな付加価値を持つ開発を目指すのが狙いだそうです。

「北海道ならではの強みを発揮でき、経済効果も大きい分野」と、関係者はフコイダンの
効果や効能に、力をこめているそうです。
がん       化粧品 

 <  前の記事 フコイダンがインフルエンザに効果があるのか?  |  トップページ  |  次の記事 代替医療は、いつから?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴