Top >  フコイダンとは >  フコイダンは何からできているのか?

スポンサードリンク

フコイダンは何からできているのか?

フコダインとは、海藻のモズクやわかめ、昆布などのヌルヌル成分から出来ています。

海の中で海藻が傷ついた時に、フコイダン効果はばい菌が進入しないようにヌルヌル成分が保護して、強い免疫力をヌルヌル成分の中に持たせているのです。

フコイダンは海面に出てしまったときも、傷つけず乾燥から身を守るために、保湿力にも優れているのです。

海藻に含まれるカルシウムや沃素などミネラルなどの栄養素が身体によい事は知られていますが、
海藻自身を保護するヌルヌル成分の免疫力は、アルギン酸、ラミニンなどの成分が含まれていて、注目されていましたが
それ以外にもヌルヌル成分に含まれることが解明されたのが、フコイダンです。

人体にも大きな役割を担ってくれることが解ってきて、コレステロール吸収の抑制作用、血圧降下作用などにも効果があると医学的にも解明されてきています。

フコイダンは 硫酸化多糖体 という、糖がいくつも結合しあった多糖体に、硫酸基という成分がさらに結合したものをいいます。

フコイダン
海藻 成分 効果 成分 免疫 

トップページ  |  次の記事 シーフコイダンとは?  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴