Top >  フコイダンとは >  フコイダン市場、80億円に到達

スポンサードリンク

フコイダン市場、80億円に到達

フコイダン市場が80億円に到達した。2006/04/26  健康産業新聞 (第1148号)

フコイダンの生理活性の効果などの研究が進み、
消費者認知が急速に進み、、顆粒を中心に、保湿化粧品としての商品化が相次いでいる。

企業も次々に新分野事業としてフコイダンの商品開発に乗り出しており、アガリクスなどのキノコ素材が、発がん物質の発見などで急速に売上が落ち込む中、

フコイダンはそれに変わるEBS(Evidence Based Supplement)として、代替医療分野への進出が急速に加速しており、市場はこれまでに見ない急成長を成し遂げている。

「ナノ化フコイダンなどの新技術による需要掘り起こし」「協会設立」「規格基準の作成」など、100億円市場も見えようとする勢いである。

キノコ素材に変わるEBS(Evidence Based Supplement)として、代替医療分野への進出が加速するなど、市場はこれまでにない成長を遂げている。「ナノ化フコイダンなどの新技術による需要掘り起こし」「協会設立」「規格基準の作成」をキーワードに、100億円市場形成も見えてきた。

代替医療を取り混ぜた、先進国アメリカでは、フコイダンの認知は日本よりも数倍高いといわれていて、総合医療としてフコイダンと西洋医学との併用が確立されようとしている。

我が日本も、じきにそうならんとするか…。今後の研究に期待が寄せられている。

がん 代替医療

 <  前の記事 フコイダンを創傷被覆材にする研究  |  トップページ  |  次の記事 フコイダン療法  > 

このページについて

このページは「フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

スポンサードリンク

更新履歴