スポンサードリンク

フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用について

フコイダンの効果はがんや生活習慣病に直接働きかけ、副作用もなく免疫力を高めてくれます。フコイダンのがん抑制効果が期待できる優れた効能の情報を紹介します。

フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用最新記事

フコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用イメージフコイダンの効果とフコイダンがん抑制作用の記事を各カテゴリに最新5記事ずつトップページで紹介しています。

古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

フコイダンに鳥インフルエンザ感染予防効果

フコイダンの健康への有効性が、また一つ明らかになりました。
2009年7月、理研ビタミンが富山大学と共同研究した結果、ワカメ由来のフコイダンに、鳥インフルエンザの感染予防に効果があることが動物実験で確認できたとして、オーストラリアの国際会議で発表しました。

ウィーンで開かれた国際会議で発表された研究では、マウスを使った動物実験で...

フコイダンに鳥インフルエンザ感染予防効果について詳しく読む

フコイダンとは

カテゴリ内新着一覧

フコイダンはどのくらい飲む?

フコイダンを飲んで効果が出るまで

フコイダンの摂取量とは?

フコイダンの効果的な摂取

フコイダンとがん

フコイダンががんに効果があると、フコイダンの有効性について世界の注目を集めています。

がんの治療では、抗がん剤の副作用により正常な細胞までが破壊されてしまうこと、患者さんの体力の低下など、治療が逆に体力を奪ってしまうことを、どのように軽減するのか改善するために研究が続けられています。

がんの治療では、痛みを完全に治療で取...

フコイダンとがんについて詳しく読む

フコイダンのがんへの効果

カテゴリ内新着一覧

フコイダンが肝がん抑制効果・2

フコイダンが肝がん抑制効果・1

フコイダンとがん細胞

フコイダンの二日酔い抑制作用・2

コーヒー3杯で子宮体がん予防

厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)は9月に、コーヒーと子宮体がんとの関連性を発表しました。

子宮体がんは、肥満や灯明病の人、女性ホルモンの活発な人がなりやすいといわれている病気ですが、コーヒーを一日に3杯以上飲む女性は、ほとんど飲まない女性に比べ子宮体がんになる恐れが、約6割も低いことが確認され...

コーヒー3杯で子宮体がん予防について詳しく読む

がん治療のニュース

カテゴリ内新着一覧

野菜と果物をより多く摂取しましょう!・2

野菜と果物をより多く摂取しましょう!・1

呼吸器。循環器系疾患の治療・3

呼吸器。循環器系疾患の治療・2

通信販売 1

フコイダンの生産されている商品数は、いったいどのくらいになるでしょうか。

小林製薬では、栄養補助食品として 『抗源力 フコイダン』を2009年8月から販売しています。

新製品の『抗源力(こうげんりょく) フコイダン』は、沖縄由来のモズクから抽出したフコイダンが使われ、

「美しい海とサンサンと降り注ぐ太陽に育まれた、...

通信販売 1について詳しく読む

フコイダンの効果と選び方

カテゴリ内新着一覧

フコイダンのカプセルを販売

フコイダンの二日酔い抑制作用・1

サプリ

抗がん剤の副作用抑制効果 特許登録2

通信販売 2

抗源力に使われているのは、沖縄モズク由来のフコイダンです。

モズクには種類があり、沖縄では、イトモズク(ホンモズク)と呼ばれるものと、「沖縄モズク」(フトモズク)の二種類が古くから食用されてきました。

フトモズクの沖縄モズクは、春先の一ヶ月しか収穫できない貴重なモズクですが、太さが1.5mm?3mmの枝がバラバラに枝分かれして...

通信販売 2について詳しく読む

フコイダンとがんの書籍・商品

カテゴリ内新着一覧

フコイダン茶 リニューアル

フコイダンとがん医療9

フコイダンとがん医療8

フコイダンとがん医療7

論より証拠のがん克服術 |中山 武

全ての病気の原因が・・・ 2005-01-20
まず、誰にでも、分かりやすい構成であり、使われている言葉もやさしく、読みやすいですね。がん患者、他の病気に関しても、元はと言えば、このような心の持ち方でかなり改善されることだと思います。知人を何人もがんで亡くしています。昨年亡くなった友人は、「抗がん剤治療は、他の細胞をも弱めてしまう。絶...

論より証拠のがん克服術 |中山 武について詳しく読む

高分子・低分子による効果の差

カテゴリ内新着一覧

フコイダンの原料の効果の違い

トンガ王国産

フコイダンの効果・低分子と高分子の違いについて

3 フコイダンの比較・高分子フコイダンと低分子フコイダン

フコイダンと褐藻類 【6】

フコイダンが発見されてから、機能性健康食品としてフコイダンの有効性が活用されるには長い時間がかかりました。フコイダンの成分のはっきりしたメカニズムは未だ解明し切れておらず、期待の高まりは癌への有効かつ副作用のない薬の開発が叫ばれていますが、まだ至っていません。

北海道大学水産科学研究院、宮下和夫教授は、海藻からフコキサンチンを製...

フコイダンと褐藻類 【6】について詳しく読む

メタボリック症候群予防

カテゴリ内新着一覧

フコイダンと褐藻類 【5】

フコイダンと褐藻類 【4】

フコイダンと褐藻類 【3】

フコイダンと褐藻類 【2】

スポンサードリンク

更新履歴